冬の風景写真

ここでは、「冬の風景写真」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
でもこれはあの子の事を思い出していたせいではなく、単純におなかを下したからだ。
暑いので水分取りすぎた。
腹出して寝るなって・・・。

taiheiyouhidaka01.jpg


BGMは何故かVince Neilだぁモトリー復帰前のだぁ~。

よろしければポチっとお願いします♪
banner2.gif

スポンサーサイト
冬を見つけたくて戦場ヶ原に行ってみた。
DSCF1563_1.jpg
デジタル一眼レフ 18-50/2.8
日の出前の凍てつく寒さの中で・・・と書きたいところだが気温は精々マイナス10℃。寒くないのである。
暗い原に生える木々の枝が青白く見える。
どうやら少しであるが霧氷は付いているようだ。


DSCF1569_1.jpg
デジタル一眼レフ 100-300/4
空の色が群青色に変わってくると、青白さは一層増す。



DSCF1595_1.jpg
デジタル一眼 100-300/4
そして日が差し始める。暖冬のせいでほんの僅かしか付かなかった霧氷は日の出と共に解け始める。


DSCF1620_1.jpg
デジタル一眼レフ 100-300/4
曇りがちの天気だったので、青空をバックには撮れなかった。かわりに遠くの青い山脈?をバックに。


DSCF1637_1.jpg
デジタル一眼レフ 18-50/2.8

結局一番霧氷が付いていたのは湯川沿い。でも普段の年に比べるまでもない・・・。解け始めている。

寒くない奥日光・・・。は元々多くない場所だが・・・。

ランキング参加しています♪ポチっとお願いします♪
 banner2.gif

にほんブログ村 写真ブログへ

関連タグ : , 霧氷, 日光, ,

冬を探しにみなかみまで行った。
しかし、例年3m近く積もっているはずのは1mにも満たないと言う有様。これは恐ろしいことである。を即ち水資源と考えると(みなかみは奥利根、つまり利根川水系の源流である。そして利根川は首都圏第一の水がめである。)蓄えいる水量は1/3となるのだ(もちろんの量イコール供給水量、そんな単純計算はないのでものの例えということで)。
つまり、同じだけ水を使おうと思っても三日のうち一日だけ水道が使えてあとの二日は断水となる!!
これは大袈裟としても、かなり恐ろしい事態であることは間違いない。今年は暖かいなどと浮かれているひと、恐ろしい事態はもう目の前ですぞ。

DSCF1555_1.jpg
デジタル一眼レフ 18-50/2.8
を見慣れた人ならわかるが、この面はしばらくが降っていない状態なのが如実に現れている。
そして凄い雪原のように見えるがそう撮っているだけで、実はたいした雪の深さではないのだ。


DSCF1552_1.jpg
デジタル一眼レフ 100-300/4
これも同様。浅い雪を深い雪のように撮っているだけ。ちょっと複雑な心境である。

DSCF1553_1.jpg

デジタル一眼レフ 100-300/4
うーん。これも凄い雪に見えるが実はほんとたいしたこと無い。でもこういうついつい画を作ってしまう・・・。




DSCF1548_1.jpg
デジタル一眼レフ 100-300/4
しばらく雪が降ってない、つまり雪原の表面はザラメ雪である。国内有数の豪雪地帯なのに・・・。
ザラメ雪の荒さが、キラキラを作り出す。そして角度によってはこうなるのだ。
しかし・・・これも記録的な降雪量の少なさからくる風景と考えると・・・。

冬を探しに行ったが、いつもの冬ではない恐ろしい冬を見つけて帰ってきたのだった・・・。

ランキング参加しています♪ポチっとお願いします♪
 banner2.gif

にほんブログ村 写真ブログへ

関連タグ : カメラ, , 写真,

DSCF3216_1.jpg

青白い朝に
足元を覗く


DSCF3220_1.jpg


低く細い光が
ひとつの葉を照らした。




DSCF2997_1.jpg


そして日は昇り
霜はじき溶けてしまうだろう。

そして今はもう、落ち葉も無くなっているのだろう。


ランキング参加しています♪ポチっとお願いします♪
 banner2.gif

にほんブログ村 写真ブログへ



大晦日、仕事があった・・・。 仕事が終わり次第、連れを蒲田で拾う。道が空いていて夜11時約束のところ30分くらい早く着く。

・・・・相変わらずミニスカである・・・超寒いよ、って言ったのだが・・・。まぁそういうひとなので仕方が無い・・・。というか、そこもいいところとして認めてる?のかも・・・。

初日の出は久しぶりなのだが、少々天気予報が気になる。「関東の南海上に前線が~」などと言っている。 当初予定していた伊豆(暖かいからね。まぁ、俺は寒くてもいいのだけど)はやめた。 どうせなら絵になる場所がいいので、富士五湖のひとつ、精進湖を目指す。
本栖湖や田貫湖だと富士山から日が昇るのだが。その分日の出の時点での太陽高度が上がるので、太陽がいきなり強烈で初日の出のジワジワ感が無い!!でも素敵な光景は見たいので精進湖に決定。

色々と話し込みながら気付くといつの間にか時計は12時を10分ほど回っている。いつの間にかの年越し。まぁ俺らしいって言えば俺らしい。

道は空いている。ついアクセルを大きく踏みたいところだが・・・。 ・・・なんじゃこりゃ。そこらじゅう赤色灯じゃないか!!正月恒例富士山暴走?を取り締まるためだと思うがこれじゃ飛ばせない(安全運転しましょう)。

精進湖に着くと、日の出までまだまだあるのに湖畔の駐車場にはもう三脚がびっしり。クルマもびっしり。多少予想して早めの行動を取ったのだがここまでとは・・・。 でもどうにか湖畔にクルマをねじ込み、三脚も水際にねじ込む。 まだ時間が有るので、布団を敷いておやすみなさい♪

目覚めると東の空が明るくなり始めた。フロントガラスの内側はガチガチに凍り付いている。でも解氷君で一発♪
カメラの準備をして(今回は撮影メインじゃなくあくまで見物なのだが)湖畔で日の出を待つ。周りはモコモコだけどコートも着ない軽装なのは俺だけらしい。薄いシャツの上に薄いスエードのライダース(注。ファッション。否バイク乗り用。)のみ。感覚としてマイナス10度前後?風も無いので大して寒くないのだ。 DSCF2487_2.jpg
デジタル一眼 18-50/2.8 風が無いので湖面は静まり返っている。色付き始めた空に映える富士を映す逆さ富士も見事・・・でも乱す奴が!! ・・・あえて撮ってみる。



DSCF2551_2.jpg

データ上と同じ。
そして、初日の出・・・。周りから歓声が上がる。連れも震えながら見てる。一応ダウンジャケットを貸したのだがそれでも寒そう(当たり前だ!!)。
日の出前に風も吹いてきて、残念ながら逆さ富士はかき消されてしまった。
写真としては平凡・・・。雲も無さ過ぎる!!
後で聞いたことだが、熱海に行ったひとの話しだと水平線近くに雲があり、本当の初日の出は見れなかったとの事。場所の選択だけは間違ってなかったようだ。

見物なので(そればっか)初日の出を見てまたおやすみなさーい♪
布団なので爆睡。
起きて「うーんおはよー10時くらいかな?」「もう12時よ!良く寝てたわね」ってな訳で元旦は良く寝た。いつの間にやら富士山には雲がまとわりついている。それも非常に美しくない雲が。写真を撮る気も起きないのでクルマの中でウダウダしたり、飯作って食べたりしてるとすぐに昼下がりに・・・。

精進湖から西湖畔~河口湖畔を走る。結構廃墟がある。でも正月人出がすごいのと、連れが興味を示さないのでスルー。いつか出直すつもり。

小曲園近くの喫茶店に入る(ってかこれの意味わかるひとは・・・あんたも好きね)。




DSCF2572_1.jpg

うーん何食べよう?? やっぱパフェだね!
DSCF2574_1.jpg

こ、このパフェは((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
何だこのフレークの量は!!○○円もしてこれはボッてるぞ!!最悪だ!!!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

新年早々観光地クォリティに完敗しますた。


ほんと、初日の出見に行っただけ。そういう企画だったからいいんだけど。

帰りは下道で大月周り。何個かの峠でこの遅い遅いクルマに追っかけまわされた数台のクルマの山道不慣れぶりに閉口。でも今年も無事故無違反、ゴールド継続予定!!

そしてこれを読んでいる皆様にとって素敵な年になりますように。無事2007年を迎えられた感謝を込めて。

ランキング参加しています♪ポチっとお願いします♪
 banner2.gif

にほんブログ村 写真ブログへ



埼玉、秩父の奥の方にいくと幾筋かの流れがある。
この時期にはまだも深くなくが凍りつき始めて非常に綺麗なのだ。
もう少し経つと例年だとがかなり積もってしまい、が見えなくなってしまう。
ただ、今年は暖なのでが成長しているか心配である。

titibukoori50.jpg

6x7 150mm RVP

ところどころにある小さい滝のようなところは正にの芸術品である。
谷底のここは、色温度が高くなりデイライトフィルムでそのままでもかなり青く写るのだ。


titibukoori30.jpg

6x7 50㎜ RVP
完全に凍りつく前のだと、下の流れも写し込む事が出来てだけよりかなり変化がつけられる。



titibukoori10.jpg

6x7 50㎜ RVP
が軽く降ったあとなので周りは白くなっている。だけでなく筋を撮りたい場合土が露出しないのでこれくらいはが有ったほうが美しい。
今シーズンはここに気合の入ったモデルさんを入れて撮るという野望が(ΦωΦ)フフフ…

ランキング参加しています♪ポチっとお願いします♪
 banner2.gif

にほんブログ村 写真ブログへ

関連タグ : , , , モデル, ,

今日は久々に体調を少々崩してしまい(仕事しろといわれれば出来る程度だが)オフを一日ボヤボヤして引きこもりの一日。
でもまだネタが有るので更新♪

前からの続き。
これはまだが残っていた朝早くの写真
恐らく、が降ったばかりの前日では本当に冬景色だったであろうかと思われる。手前に黄色く色付いた葉があったので入れて撮ってみた。
これが無いと本当に冬景色になってしまう。
でも大きく伸ばすといいけど、このサイズだとごちゃごちゃした写真になってるかも・・・。
DSCF1267_1.jpg

デジタル一眼 18-50/2.8


先にも書いたけど、冬のはサラサラで湿気が少ないのであまり木に張り付かない。張り付くのは今回のような秋や春に降るだ。
カラマツとの張り付いた葉の落ちた木に丁度よくスポット光が当たってくれた。こういう光を見逃さないで撮るとどうって事無い風景も画になったりする。

DSCF1358_1.jpg

デジタル一眼 100-300/4


この後、どんどん晴れてきてはどんどん木から落ちていく。
そんな時の一枚がこれ。 空は本当に青く、雪はまぶしい。雪が張り付いた木々がなんか骸骨みたいだ。
DSCF1259_1.jpg

デジタル一眼 12-24/4 CーPL

ランキング参加しています♪
 banner2.gif

にほんブログ村 写真ブログへ

関連タグ : , 紅葉, 写真,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。