秋の風景写真

ここでは、「秋の風景写真」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCF6255_1.jpg

もう冬?ですがまだ里の紅葉は残っていて。ちょっと撮ったのを小出しします。

一昨日、六本木で作品撮りのお話をとあるモデルさんとしてて、モデルさんがイメージで持ってきた写真で長谷川京子のビューティーの写真が有ったのです。

そして、昨日の妊娠報道。ちょっと笑った。

六本木から赤坂まで歩いて、友人のライブ。写真載せたいけど許可でないだろうな。聞いてみようっと。

写真好きみんなの出会いのために・・・是非クリックおねがいします♪
banner2.gif
スポンサーサイト
今月の初めに、志賀高原に行ってきた。

DSCF0264_1.jpg

見事な雲海と紅葉・・・。素晴らしい景色だった。
地元の方の話でもこんな見事な雲海はそうはないとのこと。
ちょっと前、くろねこさん池袋でだべっていて(わざわざ来てくださって有難うございます)「ドキドキする撮影」について話題に・・・。
「やっぱ憧れのガクト撮る時はドキドキするだろうなぁ」と言ったら、「ガクト撮るだけじゃドキドキしないだろうけど、ガクトと作品撮りを街の小さな公園だけでやったらドキドキするだろうな」と。

ガクトを町の小さな公園で撮る・・・。一体どう撮ればいいのだ?しかも作品撮り・・・。そりゃドキドキするだろう・・・。

想像しただけで・・・というかどう撮るんだ!!!!????

悩む・・・。

DSCF4485_1.jpg



DSCF4488_1.jpg


これもちょっと前に撮った夕焼け・・・。

写真好きみんなの出会いのために・・・是非クリックおねがいします♪
banner2.gif













関連タグ : 池袋, 夕焼け,

口内炎もようやく良くなりつつもなかなか暇がないひらやまです。
今日、夕方にたまたま一時間ちょい時間が取れたので公園でも行こうかな、と思い公園へ・・。
まだまだ紅葉があるのでほっとする。

DSCF1468_1.jpg

デジタル一眼 100-300/4
サンニッパ持って行ってなかった・・。このレンズ、実はトキナーのものなのだが、ボケが前後共に比較的素直なのでこういった写真に向く。同じスペックのシグマのものは超音波モーターだし、設計が新しいのでよりシャープでコントラストも高いらしいけど、前ボケが致命的にざわつくので前ボケ多用派の私は少々古くてもこのレンズが手放せない。乗鞍岳で一度落下して壊したけど買い直したくらいのお気に入りレンズ。


夕方・・・。
秋の日はつるべ落とし。すぐに日は射さなくなってしまう。あーあ、暗くなっちゃう・・・しかし!

DSCF1463_1.jpg

DSCF1470_1.jpg

データ2枚共上と同じ。

表題の意味である。
日陰に入って青空からの光を拾った紅葉は青みを帯びて紫になるのだ。PL使うとこれは取れてしまうからPL常用してるとつい除いてしまうかも。

日の当たっている紅葉との色の差がかなりあるのが見て取れると思う。条件が悪くなったら逆手に取れば、新鮮なものが撮れる・・かも。
ランキング参加しています♪
 banner2.gif

にほんブログ村 写真ブログへ

関連タグ : 紅葉, 写真, ,

最近おなかを壊して口内炎が痛いひらやまです。ついでに今日は高速で事故現場で車からひとを引っ張り出しているところを目撃してしまい、さらに調子をおかしくしてしまった・・。報道カメラマンにはとてもなれそうにない事判明。土門拳が好きなくせにこのざま。人間、嗜好と志向は別物ね。


せっかく新しく買ったコートをなかなか着れない友達のコートを先日ようやく見れるくらいの陽気が続き、撮りたい物も撮れない。
この暖かさのせいで紅葉が長引いているので時間が取れないなりに撮りにいけそうという副産物もあるが(でも結局ほとんど撮ってない)。

momiji09.jpg




momiji08.jpg

二枚とも デジタル一眼レフ 300/2.8 中間リング利用

近所ならまだまだ紅葉が残っているのでこんなのも撮れそうなんだが。綺麗な葉に光が当たっているのを見つけ、その前にほかの葉を入れる事で前ボケを出す(多重露出じゃないよん)。
中間リングで最短より寄れるようにしたサンニッパの強力なボケで主題を幻想的に抽出する。
光の当たり具合と葉の重なり具合が絶妙に決まると嬉しい。

ゆらめく秋の細い日が、狙いの葉を照らすのは一瞬・・・。光の移ろいを感じながら、ひたすらシャッターを押す・・・。

ランキング参加しています♪
 banner2.gif

にほんブログ村 写真ブログへ

このあかるさのなかへ
ひとつの素朴な琴をおけば
秋の美しさに耐へかねて
琴はしづかに鳴りだすだろう

八木重吉

DSCF1426_2.jpg
デジタル一眼 12-24/4 C-PL




DSCF1436_1.jpg

デジタル一眼 12-24/4 C-PL

どうも、今日(正確には昨日)からスタジオに深夜まで缶詰のひらやまです。

雪のち晴れの月曜は暖かくなって木々に付いた雪もすぐに解けてしまった。
しかし足元の雪は結構残っていた。
晴れてどんどん雪は溶ける。でも晴れた空と雪を生かして写真を撮ればいいのだ!

一枚目、雲に惹かれて撮った一枚。木々のバランスが少し悪いかな?PLで雲を強調しつつ、赤い葉を逆光で鮮やかに写す。

二枚目、足元の雪と紅葉をそのまま撮っただけでは面白くないので超広角で木の曲がりを生かす。 後ろの白樺は煽ったせいで斜めになって少々不安感も。

広がる雪原、青空に白い雲、そして残り紅葉・・。琴は鳴り出すのだろうか・・・。

写真がよかったらクリックお願いします♪
 banner2.gif

にほんブログ村 写真ブログへ


結局悲しいことに今日は一緒に行くひともいなくてひとりぼっちで紅葉狩りに行った・・・。

昨日(11/12)は東京では木枯らし一号?が吹いた。
木枯らし→冷たい北風→冬型の気圧配置→日本海側は雪→よってほぼ日本海側気候の奥利根も雪→しかし今年は暖かい→奥利根の紅葉も遅れているはず→雪紅葉!

を一瞬で判断、関越を飛ばす。

お出迎えだ!!
DSCF1230_1.jpg

デジタル一眼 100-300/4





DSCF1279_1.jpg

デジタル一眼 100-300/4

カラマツの紅葉(黄葉)はまだまだ残っている。逆光で葉が黄金色に輝き、尚且つそれが際立つバックが暗く落ちるポジションを探す。幸いにして赤い葉も絡んでくれた♪
この時期の雪はパウダースノーが売り物の奥利根でもまだまだ湿っている。そして幹に張り付くのだ。
しかし真逆光。ハレ切りに非常に神経を使う。使ってもゴースト出ているカット多数・・・。

続く・・。

写真がよかったらクリックお願いします♪
 banner2.gif



来週はどこに行こうか悩み中。色々な事情が重なり合ってほとんどお出かけしていないので是非行きたい。モデルさん同行予定。
DSCF0022_1.jpg

ここかなぁ
比較的近いんだけど、これが一昨年の11/10に撮った写真だから紅葉はドンピシャかもね。
でもここって
DSCF0026.jpg

こんな所も近いんだよね。この下の部分の建物はどうやらその後の大水で流されたみたいで、今年行ったときには無かった・・・。

今日は風景写真というより独り言みたいなもんだ・・・。

でも写真がよかったらクリックお願いします♪
 banner2.gif

関連タグ : 紅葉, 写真, モデル,

020925-144_1.jpg


あ、あそことは一切かかわりないので悪しからず。

うん

赤は彼岸花、青はアキノタムラソウ、黄は稲穂です。


田んぼの周りには比較的彼岸花は多い。偶然見つけたアキノタムラソウと彼岸花が一緒に咲いている場所。

うーんこれだけでも画になるけど・・・。

ついでにバックの稲穂を画面に入れてみる。

写真は引き算というけれど、今回は足し算ですね・・・。

デジタル一眼レフ 90/2.8マクロ







写真がよかったらクリックお願いします♪
 banner2.gif



関連タグ : 彼岸花, 稲穂,

20040910_051_1.jpg


んなこたーない。
わたくしは回復してませんよ。世の中なかなかうまくいきませんね。

そういうわけで?続けて彼岸花。
これを撮影した場所は日本一の彼岸花の群生地である埼玉の某所。
一面の彼岸花と松の木の写真を撮りに全国から写真愛好家が来て大賑わいの場所。

でもね、皆と同じように撮ったら馬鹿でしょう。

そういうわけで印象的な場面をピックアップすることにする。
V字の木の間から覗いた彼岸花。手前の花には直射日光が当たっているけど奥は当たっていない。この光線具合がなんとも言えないのでピックアップ。
デジカメに300ミリレンズなので450ミリ相当という恐ろしい望遠。この場所は恐ろしいほどの人出なので広角から標準粋で人間が入らないフレーミングをするのは非常に難しいというのもあるけど。


つまり、遠くから画になる構成を見つけ出すことで自分なりのフレーミングをしようという魂胆。ただ形だけでなく、木がシルエットになり、奥が暗く落ちるライティングを拾い出して始めてこういう写真が撮れるんですね♪

一眼レフデジカメ 100-300/4 

写真がよかったらクリックお願いします♪
 banner2.gif


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。