夏の風景写真

ここでは、「夏の風景写真」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そろそろどうなってるのだろうか。

写真も撮らないとな。

ロシアンフォーカス、それはロシア(旧ソ連)製のカメラ機材で撮影をした写真だけの写真展。
世紀末に何回か行われ、あのアルフィーの坂崎さんが最初に写真を公の場に出したのもこの写真展だった。ちなみにわたくしは二回目から参加している。


そして世紀末の夢は再び・・・。

少しだけ焼けた今日の夕空。 

DSCF5453.jpg

アルサット35/2(ウクライナ製Aiマウントレンズ)デジタル一眼

これからチョロチョロとこの手の機材を撮影に持ち出そうっとwww
スポンサーサイト
ふとした偶然の巡り合わせで、懐かしい君の近況を知った。この歳でまた胸がキュンキュンしちゃったよ。・・・ああ、でも既に「懐かしい」なんだな。

有難うね あの愛が間違ってたかどうかなんて答えなんかを出さなくてもいい、ってほんと思えたよ。

宝物は宝物で取って置いていいんだよね。うん。

DSC_0008.jpg


この雲を照らす太陽もぐるりと回って明日には顔を出す。巡り巡って巡り合って生きていく・・・。


写真好きみんなの出会いのために・・・是非クリックおねがいします♪
banner2.gif
仲の良いお友達がフラッと韓国に行ってしまった。

韓国は別に行きたくないけど、フラッと東北にでも行きたい。

夏にはフラッと高原は何回か行くんだろうが、今ちょっと暇が無く・・・。

DSCF0047_1.jpg

DSCF0032_1.jpg

DSCF0049_1.jpg


DSCF0003_1.jpg


「いつもの森」の風景(特に流れ)。
ここは誰にも教えてあげないのだ。一生俺だけの場所なのだ♪まぁ調べれば行ける場所だけど、個々の場所は秘密なのだ。

写真好きみんなの出会いのために・・・是非クリックおねがいします♪
banner2.gif
















紫陽花を撮ろう撮ろうと思っていても実行に移せなかったが、今日は一時間ほど近所の額紫陽花を撮る時間が取れた。

DSCF4442_1.jpg
デジタル一眼 90/2.8 以下花の写真は全てこれ

白っぽい紫陽花を下から覗いてみる。
紫陽花を下から撮るひとはあんまりいないはず(笑)



DSCF4452_1.jpg

青い紫陽花を横から。本当はこういう傾きで花(正確には額)はついていないが、写真的に絵になる角度にカメラは回転しちゃうのだ。




DSCF4458_1.jpg

白い花びら(正確には額)から落ちそうな水滴発見!!

これも後ボケと花びらの重なり具合とかはかなり神経使ってる。マクロって被写体そのものだけでなく重なる前後のボケ量と色、重なり具合を全てコントロールしないとロクな写真にならない。だからこそ面白いんだけどね。



DSCF4465_1.jpg

青い花とピンクの花を前ボケに持ってくる。これ、簡単そうだけど絞り値とかほんと苦労した(ただ開放で撮るとホワホワすぎる)。

一時間ちょっとしか時間が取れなかったので、ほんと近所だしあわただしかったけどやはりお花はいいなぁ~としみじみ感じてしまったのだった・・・。




写真好きみんなの出会いのために・・・是非クリックおねがいします♪
banner2.gif

昨日の雨とはうって変わって、今朝の朝焼けは空を焼き尽くした。

DSCF4241_1.jpg


言い古されているけど、降り続ける雨なんか無くて、こうやって空を焼き尽くした太陽はまた世界を照らす。

しかし今日の朝焼けは久々の染まり具合だった。早起きは何文の得になったのだろう?



よろしければポチっとお願いします♪
banner2.gif


初めて君と出かけたとき君は言った
「実は旦那がいるの」
握り締めた手に力が入った
その次は
「旦那を愛してるわけじゃない」
そしてそのまた次…
「旦那なんかどうでもよいのよね」
イルミネーションの季節に君は
「旦那なんか嫌い」

そんな君が見せてくれた小さな子供の写真は
君に全く似てなくて
思わずちょいと目をそらせた


月日は流れ

久しぶりの僕は

「離婚…したの?」

「…うん…とっくだよ」

君のバックにはやっぱり君には似ていない野球少年の写真が一枚…。


SA410014.jpg

定番だがツツジと滝を撮りたくて奥日光へ。

新緑は綺麗だ.

DSCF3449_1.jpg
デジタル一眼 12-24/4


DSCF3405_1.jpg
デジタル一眼 100-300/4 CPL
華厳の滝に二重に虹が♪ 奥日光は結構行ってる。しかし有名観光地の華厳の滝はパスが多かったけど今回は行ってよかった。
虹がうまいところにかかる時間帯(季節)は限られるし、何より水量が豊富で晴れないといけない。

DSCF3361_1.jpg
デジタル一眼 18-50/2.8
旅館の廃虚も新緑に覆われて。最初民家かなぁと思っていたけど、連れが果敢にも突入、旅館と判明。
日光は観光地の割に廃墟は少ないのだけど…。

DSCF3292_1.jpg
デジタル一眼 100-300/4 CPL
なんと櫻が咲いているのである。聞くと、暖冬ではあったが四月に入ってから寒い日が続き、雪も時々降るくらいの寒さだった言う。そのためにツツジはまだつぼみだった・・・。かわりにまだ桜が咲いていたのだが・・・。

この時期に見れると思っていなかった満開の櫻。なにか不思議なものだ・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。