春夏秋冬東西南北

ここでは、「春夏秋冬東西南北」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「京都のひとは場所を東西南北で言うよ、どこどこはどこの西側、だとか」
とのEMIちゃんの話。
こちらではあんまり東西南北で話すひとはいない気がする。地図見ながらでさえ「北」を「上」と言ったりする。
写真を撮る上で東西南北は即ち太陽の方向を予測する事は重要な要素であるから、方位を気にしないでの撮影は完全に光を作るスタジオ撮影くらいだ。スタジオでも自然光が入るスタジオでは方位を非常にシビアに考えないといけない(実際スタジオの図面には必ず方位が出ている)。

例えば、照明器具が今ほど発達していなかった頃は北向きの窓からの光は光量とか輝度が安定しているから画家のアトリエなんかはそういう設計になってたりした。

もちろん、外で撮る場合も常に自分が向いている方位は意識している、というか多分に無意識、感覚的に察知している。
逆に言うと方位を無意識で察知できていないとかなり写真を撮る上で不利・・・。
写真の技術本には恐らく基礎的過ぎて書いていないのか、書いている人間が無意識でやってることだから書いていないのか、あんまり記述が無いのだが。
EMIちゃんと話している中でふと明確に自分が無意識下で行っている作業に気付かせてもらったので書いた次第。


DSC_0160.jpg
低く細い秋の光・・・。差し込む方向を読めないと・・・。しかしこの写真には「気持ち」まで写ってしまったね♪
デジタル一眼レフ 18-50/2.8


写真がよかったらクリックお願いします♪
 banner2.gif





関連タグ : 写真, 京都, スタジオ,

コメント
この記事へのコメント
お、ステキ写真!
不二、しかし図面というものはなんでも必ず方位を書きこむものだっ。
うちの間取りさあ、二面が端から端まで窓で、もう一面が隣接してるキッチンの窓からの光、ドア閉めて無い場合もう一面から隣接してる寝室からの光が有って、ほぼ四面採光状態なんだ。
撮るたんびに全然光が違って写真撮るの苦手な私は発狂もんだよ!不二だったら楽しいのかもね。
2006/11/02(木) 16:02 | URL | ギ装置R #/9hBKkrU[ 編集]
ありがとう。。でもこの写真はちょい暗めで正解なので、単純に素敵な写真じゃないのでした。。
図面に方位、これがなってない図面がちまたにはあふれているのが現状でしょう。。

そんな間取りなら、どうせならドア閉めたりカーテン閉めたりでコントロールすることを覚えれば写真はもっと多彩になるよ。

2006/11/02(木) 23:33 | URL | ひらやまふじ #k9uu2cZU[ 編集]
コントロール
いま必死。
いやいつも開けたり閉めたりしてるんだけど、4面有ると頭が混乱してしまう。
時間に拠っても天気に拠っても違ってそれが季節で又変わって、もともとセンス無いから身に付かないうちに混乱;;;
すんごく大雑把には少しだけ解るときも有るけど・・・基本ワカラン!
2006/11/03(金) 02:59 | URL | ギ装置R #/9hBKkrU[ 編集]
光の差し込む方向は一箇所にしてしまう。

そしてその一筋の光が描き出す影を中心に撮ることを考える。
それがいいんじゃないか?

本来太陽は一つきりなのだから、一灯ライティングが全ての基本。
2006/11/03(金) 21:53 | URL | ひらやまふじ #k9uu2cZU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fuukunn.blog81.fc2.com/tb.php/7-cb65a307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。